人生で3度の激痛!腰痛は現在進行形です。

10代の頃に椎間板ヘルニアと診断され、かれこれ20年ほど腰痛と付き合っています。
最初に腰痛が発症したときは、高校の体育の時間でバスケットボールをやっているときでした。パスを受けた瞬間、体に電流が流れたような感じになり、動けなくなりました。体育館は2階にあり、1階の保健室へ行くのにも自力では歩けないほどで、帰りは親に車で迎えに来てもらいました。途中、整形外科に寄ったところ、短いしっぽが生えたようなレントゲン写真を見せられ、「椎間板ヘルニア」と言われました。当時は若かったこともあり、服薬と湿布薬、腰痛体操などをしてなんとか運動できるまでに回復しました。
次に腰痛に悩まされたのが、社会人になってからでした。デスクワークだったせいか、長時間座ったままの姿勢から立ち上がったときに背筋をピンと伸ばすまでに時間がかかりました。ずっと立っていると今度はすぐに座れず、ゆっくりと着席していました。このときはまだ痛いというよりは重いという感じでした。毎日、通勤ラッシュの電車に乗っており、予期せず人に押されたり、カーブで踏ん張っていたりしたのも腰に負担をかけていたのかもしれません。陽が経つごとに徐々に動きが鈍くなり、ついには寝返りを打つことさえできなくなってしまいました。
整形外科を受診すると、椎間板ヘルニア自体が痛みを生じているというより、それをかばって他のところが痛くなっているとのことでした。また、坐骨神経も発症しており、手足がしびれた状態でもありました。このときは服薬とブロック注射、遠赤外線を当てるなどのリハビリをしていました。しかし、治療をしても仕事をすればまた痛むの繰り返しでした。結局、身体的な理由もあり仕事を辞めたのですが、そこからリハビリを重ねて徐々に腰痛は治まってきました。その後は腰痛体操などをして、痛みがあるときは服薬をする生活が続きました。
3度目に腰痛に悩まされたのは、妊娠したときでした。妊娠中期ぐらいからお腹が目立ち始め、後期ともなると背中を反らせて歩くような状態で、だいぶ腰に負担がかかっていました。出産時には分娩の痛みよりも腰痛が増してしまい、一時中断したほどです。しかし、母乳育児をしていたこともあり、産後もしばらくは薬を使った治療はしませんでした。骨盤ケアのためにカイロプラクティックに通ったところ、体全体の歪みも整えてもらい、以前より体の調子が良くなりました。子育てをしているので抱っこなど腰への負担は大きいのですが、少しでも痛くなったら整体院などで治療をしてもらうようにしています。

妊娠出産で腰痛が持病化した人にもモットンがおすすめ

2回の妊娠出産を経験している30代専業主婦です。

妊娠前は全く腰痛に悩まされることはなかったのですが、1人目妊娠時から若干腰痛が酷くなっていました。
しかし、一人目出産後にしっかりと骨盤ケアを行い、整体に通ったところ、数ヶ月で腰痛は気にならなくなり、生活に支障が出ることは全くありませんでした。
赤ちゃんの抱っこで腰痛を悪化させる人が多い中、腰痛が治ったのはラッキーだったと思います。

しかし2人目妊娠。

妊娠時は特段腰痛にはなりませんでした。
前回の経験を活かし、初期の頃から骨盤ベルトで調整し続けていたお陰だと思います。
出産まで腰痛に悩まされることはなく、いざ出産。

産後すぐは特に腰が痛いといった症状はありませんでした。
痛みがなかったため、ケアを怠ってしまいました。

その結果、退院して1週間ほどしたある朝、なんとなく腰がダル重く感じたのです。
授乳姿勢が悪くて腰に負担がかかったせいかな。
まぁ、すぐにマシになるだろう!と特に気にはしていませんでした。

しかし、そのダル重さがどんどん悪化していき、夕方には立ち上がる時に何かを持たないと立てない状態になってしまったのです。

座っていても痛みが和らぐことはなく、ずっと痛いままでした。
痛くても赤ちゃんは待ったなしで泣くため、本当にお世話するのが辛かったです。
ぎっくり腰が持病な母に症状がぎっくり腰にそっくりだと言われました。

座すのも、立つのも、横になるのも痛く、どうしたらいいのか途方にくれました。

結局一晩寝たらだいぶマシになったため、病院へ行くことはありませんでした。
ただの疲れからの腰痛だったのでしょうか。

しかし、その痛みを忘れた頃また腰痛がやってきたのです。

次は1か月後でした。
また朝から腰がダル重くなり、痛みがどんどん増してきました。
前回の経験があったためどれくらい痛くなるのかは分かっていたので、少し落ち着いていられました。
しかし痛いものは痛いです。

特に今回は里帰り中ではなかったため、赤ちゃんのお世話は自分一人で行わなければいけません。
授乳も、おむつ替えも、お風呂も本当に大変でした。

それも、前回とは違い翌日によくなるということはありませんでした。

幸い翌日が休日だったため、赤ちゃんを主人に任せ整体へ行きました。
整体で調整してもらいだいぶマシにはなりましたが、完全に痛みが消えるまで1週間以上かかり大変でした。

その後整体に定期的に通ってはいるのですが、どうも腰痛になるのが癖になってしまったようで、月に1度は同じような状態になってしまいます。
産後のケアを怠ったせいかもしれませんので、出産後の方は腰痛が持病にならないようしっかりとケアしてください。

子育ては腰痛との戦いでもある!!だからモットンを

私は去年出産し、現在子育てをしている25歳女性です。

日々大きく成長していく我が子を毎日抱っこしていくことで、腰痛持ちになりました。
新生児の頃は横抱っこなので、手首を痛めていましたが、縦抱っこが主な抱っこになってからは、ジワジワと腰が痛くなり、抱きかかえる時が1番ウッときます。

整骨院に行って、腰痛の改善を試みたこともありましたが、毎日の抱っこにその改善は追いつかず、抱っこの回数が減るまでは何度通っても無理かもしれないと感じ、通うのを1ヶ月ほどでやめました。

それからは自宅で自分でなにかできる腰のストレッチはないかとネットで調べて実践しています。
腰痛になってから、姿勢が猫背にもなってきたので、主にポールを使ったストレッチを実践中です。

ぐーーっと背骨が伸びていくのが気持ちよくて、ストレッチをしたあとは身体がスッキリしています。

でも、子供が起きているときは出来ないので、寝ている間に静かに行なっています。

先日は子供の健診があったので病院に行きましたが、病院嫌いのせいで入ってから大泣きして抱っこしていても大きく暴れて、私の腰は悲鳴をあげていました。

身体の小さな子供でも全身で暴れれば相当な力があります。その日は帰ってからもぐずったり甘えん坊で抱っこをいつもよりも求めてきたのでずっと抱っこをしていました。

そんな毎日悲鳴をあげている私の腰ですが、
お風呂に浸かったときは、全身がポカポカと温まるのですーっと腰痛も和らぎます。1日のご褒美だぁと実感するお風呂は産後の私の心強い味方です。

マッサージや整体に行かなくても、湯船につかりながら、腰をぐっと指で押すと気持ちよくて効いてる感じがします。自己満足ですが、、、。

あと、腰痛持ちだからこそ毎日のストレッチはかかせません。先ほどポールを使ったストレッチをしていると言いましたが、ストレッチを始める前と後とでは痛みが全然違います。
身体が柔らかいことは良いことずくめです。

長座体前屈をしたり、左右に腰をひねったりすることも効果ありです。

あまりにも痛いときには、妊娠中に買った骨盤サポーターを付けて強めに固定しています。
背筋もピンと伸びて姿勢が楽になるのを感じます。
座骨神経痛になったときにも重宝したので、腰痛持ちの人にはとてもオススメです。

毎日抱っこ抱っこの日ですが、子育てを楽しみながら腰痛改善に向けて、今日も頑張ろうと思います。

自分の身体をしっかり休めてあげることも大事ですね。