日常動作に気を配り、山本昌さんのマットレスとコルセットの併用で腰痛対策

腰痛で辛いときがありますが、うまく付き合っています

腰痛で辛いときがありますが、うまく付き合っています。高校生の時に部活中にぎっくり腰になりました。当然しばらくは安静にしていたのですが、しっかり診てもらおうと思い整形外科に行きレントゲンを取ってもらいました。すると腰を支える骨が一つ少ないと言われたのです。普通の人は背骨から腰に添って小さい骨が10個ほどあるそうですが、私の場合は9個しかないと言われました。

珍しいことではなく、10人に1人くらいの割合でいるそうです。そしてそういう人はやはり腰を支える力が弱く腰痛になりやすいそうです。理由が分かったことで少しはスッキリしましたが、とにかくそれで腰痛が治るわけではありません。まず、その整形外科で専用のコルセットを作ってもらいました。

腰痛との上手い付き合い方とマットレスでの治療方法

腰痛がひどい時はコルセットをするように言われましたが、このコルセットがすごく効果的で腰痛で辛いときにはとても楽になります。腰全体を誰かに支えてもらっているような感覚です。しかしコルセットばかりやっていては腰回りの筋肉がつかないので筋トレをやるようにすすめられました。大事なポイントは、「腹筋」と「背筋」をバランス良くやることだと言われました。腰痛になる原因の一つとして筋肉のバランスが悪いと起きやすいそうです。腹筋が弱っているとか背筋が弱っているとか、腰回りの筋肉がバランスが悪いとその弱い部分に負荷がかかって痛みを発症するらしいです。

腹筋を100回やったら背筋も100回やる。これをしっかり守りながらあとはストレッチもするように言われました。筋肉の柔軟性も大事だそうです。ストレッチは部活をやっている頃は毎日やっていましたが、社会人になり毎日はやっておらず久々にやったら体が固くなっていてびっくりしました。そして毎日風呂あがりにストレッチをすると気持ち良くなりますし、筋肉の伸びる感じも分かり腰痛で辛くなることが減ってきました。あとはマッサージに行くようになりました。仕事が介護職員なので平日、土日の休みがばらばらなので休みの日に朝から整体に行っています。

それでも腰の痛みが辛い時には山本昌さんのマットレスモットンを使うと腰の痛みがひけました。

山本昌さんも愛用しているとおり、モットンのマットレスで腰痛対策をするのは非常に有効手段だと言えるでしょう。

腰の骨の歪みや背骨の歪みを矯正してくれるのでとても楽になります。整体に行きだしてからは体のメンテナンスも余計に気を使うようになりました。自分の体のことなので自分が一番分かっていないと手遅れになってしまったら仕事でも迷惑をかけますし、申し訳なくなります。そのために普段からそういったストレッチ、筋トレ、整体など欠かさず行ってうまく腰痛と付き合っています。

一ヶ月のうちの半分くらいは腰痛で苦しんでいます。生理痛が重いことと、月経前症候群もあって生理が始まる前から既に腰痛の症状が出ているからです。
それと過去にぎっくり腰をやったことがあって、それ以降、身体の向きを少し変えただけでも腰の辺りから不自然な音のようなものがすることがあります。
それからは、慢性的に痛みも出るようになりました。

ぎっくり腰になったときは、本当に身動きがろくに取れなくなりました。2日寝込んでも、このときは少しも良くならなりませんでした。寝込んだままでいるわけにもいかないので、整形外科に行ってMRIも撮った結果、神経は傷ついていないということで、ロキソニンの湿布と痛み止めの飲み薬とコルセットが出ました。

病院に行ってからは、痛みは3日もすると大分良くなって動けるようになりました。身動きが取れなくなるほどの腰痛を経験したことで、腰痛のときのベッドからの起き上がり方とか、重たい荷物の持つときに工夫するようになりました。

病院で、ベッドからの起きるときの身体の起こし方を教えてもらえたからです。腰への負担が全く違ったので、私は腰痛症状が出たら、なるべく腰に負荷をかけないような起き上がり方をしています。足をつく方向に両膝を向けてから、上半身も同じ方に向いて起き上がるというやり方です。本当に楽に起きられるので、腰痛のときはいつもこの起き方を続けています。腰に負担がかかるような日常動作をするときに、腰が楽になる方を選択することで、症状が進まないような感じもあるからです。

くしゃみをするときも、腕を机について腰に負担がかからないようにしています。荷物運びをするときも、床に置いてある荷物を持つときに、腰も一緒に荷物の位置まで下ろして、荷物と一緒に腰も上げるようになりました。今までは腰が高い位置にある状態で、上半身を下ろして荷物を運んでいたので腰に悪いやり方をしていたからです。

私は、不安なこととかストレスを感じる予定が入っているときも、激しい腰痛になることもあります。心理的に負担になることがあっても、身動きが難しくなるほどの腰痛になることが度々あるので、整形外科に行って以降、コルセットと市販のロキソニンを常備するようになりました。

コルセットは病院で一つ購入しましたが、腰痛になることが多い私は、複数枚あった方が安心なので、他にネットで2枚購入して3枚をローテーションさせています。割と汗かきなので、洗濯をすることもあるからです。

コルセットがあるのとないのとでは大違いで、腰にしっかり巻きつけると、腰が固定されているので痛みがあるときでも楽に動くことができます。腰痛時に苦痛となる起き上がる動きである、しゃがんだり立ったり横にひねったりするという日常のあらゆる動作がスムーズに行きます。

ロキソニンは、鎮痛剤のなかでも強い働きがあるので、私のような重症の腰痛持ちには助かる薬です。胃腸の負担が大きいという側面もあるので、薬剤師のアドバイスのとおり、しっかり食事をした後に服用するようにしています。

今のところ、動作に気を配りながら、ロキソニンとコルセットで腰痛生活を乗り越えています。

草取りやガーデニングは腰痛に注意!

皆さん、こんにちは。
暖かい日・暑い日が続くようになりましたが、いかがお過ごしでしょうか?
春を迎えるとお庭の手入れやガーデニングなど、ベランダや庭に出て手入れをすることが増えますよね。
外出先で見かけた、花がたくさん咲いている庭を見ると、「綺麗~手入れをしっかりしていて立派だな!!」と思う事が多いこの頃です。

さて、そんなガーデニングや庭の手入れですが、ちょっと気を付けたいことがあるんです。
それはズバリ「腰痛」!!
皆さんの中でも、ガーデニングをしていて&草取りをしていて腰を痛めた経験はありませんか?
実は私も数か月前に腰を痛めてしまい、1週間ほど大変な目に遭いました・・。

ある冬の1日です。
その日は天気予報で雪となっていたので、私は庭に置いている鉢植え(プランター)を軒先に移動させようと考えました。
家族は全員学校や仕事で不在のため、1人で10個分ほど運ぶことになり、「さあ、頑張ろう!」と張り切って作業スタート。
小さな鉢植えは難なく運べたのですが、長方形型の鉢植えがちょっと大変・・・。
幅が80センチ位、これが3つあるので、私は(カッコ悪いのですが)「よいしょ」と力を入れて運び出しました。
土を入れた状態の鉢植え(プランター)はとっても重く、少し移動しては降ろし、また少し移動しては降ろしの繰り返し。
大変だったのですが、何とか無事に全て運び終えることができました。

そして翌々日、無事に雪も止んだので、私は再度鉢植えを元の場所に戻すことに。
しかし何だか腰が痛い・・背筋を伸ばせない!!手を上に上げられない!!
とにかく少し体を動かすだけで、腰が「ピキ!」と痛んでしまうのです・・。
「しまった・・先日鉢植えを移動させた時に痛めたんだ・・こんなことで腰が痛くなるなんて、私も若くないのね」とショックを受け、しばらく安静にすることに。
この時は休日で家族も自宅にいたため、家族に鉢植えの移動を手伝ってもらい、何とか作業は終了しました。

それから腰の痛みが収まるまで1週間ほどかかり、「これからは決して無理をしてはいけない」という事を深く反省しました!
普段からなるべく階段上り下りや、歩くようにするなど、足腰を鍛えるよう意識していたのですが、やっぱり腰を大切にしないといけませんね。
ちなみに我が家の夫も、数年前草取りの時に大きな石を運び腰を痛めたことも・・。
この時はほぼぎっくり腰になってしまい、整形外科にて診察、完治まで数週間程度もかかってしまいました・・。
皆さんも、腰痛に気を付けて、楽しくガーデニングをやって下さいね!

腰痛は寝方を少し工夫してあげることで改善!~自分に合った寝方を見つけて睡眠の質を高める~

腰痛に悩まれている多くの方から、「寝ている時に腰が痛む」や「朝起きた時に腰が痛い」と言った言葉が良く聞かれます。本来、睡眠は体を休める大事な時間にも関わらず、腰痛の悩みを抱えながらのものとなっては苦痛以外にありません。今回は、寝方を少し工夫してあげるだけで睡眠の質を高め、腰痛が改善することに繋がることついてご紹介したいと思います。

●睡眠の質を高める正しい寝方を考える

冒頭にもご紹介した通り、毎日の寝方に少し工夫を加えることで、睡眠の質を高めることが出来ます。主なテーマとして4つの方法を取り上げます。

・腰に負担の掛からない正しい寝方を考える
・自分に合う寝具を考える
・クッションを有効利用する

この4つのテーマで、腰痛を和らげ睡眠の質を高めていきましょう。

寝ている時に腰痛に悩まされるというのは、今寝ているその姿勢は=あなたの腰に負担が掛かって楽な姿勢ではないということです。大切になるのは、寝ていても腰痛が現れない楽な姿勢を探すことになります。

●基本の姿勢は仰向け

基本的には、寝る時の姿勢については「仰向け」が良いと言われています。理由は一番自然な形であって、どこか一部に負担が掛かることが少ないからです。左右どちらかを横にした姿勢だと、下になっている側の肩や骨盤に体の重みが掛かるので、次第に体が辛くなり「寝返り」を打つことになるのです。逆側が下になるように寝返りを打ってもまた体が辛くなるので、更に寝返りを繰り返すようになってしまうのです。この様に、体のどこか一部に負担が掛かることを防ぐ寝方が「仰向け」なのです。
逆に腰痛の方が一番して欲しくない寝方は、「うつ伏せ」です。腰が反り返り、首も左右どちらかに向くことで体が捩れてしまいます。

●一番は自分が一番楽に感じる姿勢

先に紹介した内容では、寝る時の姿勢は「仰向け」が基本と紹介しました。しかし、それは理想としてのものであって、あなたが横向きの姿勢で寝るのが一番楽であるというのなら、もしくは仰向けでなると腰痛を感じるというのであれば、わざわざ仰向けに拘る必要はありません。寝ていて一番楽な姿勢、それが一番体に負担が掛かっていない良い姿勢と言えます。

●自分に合う寝具を考える

腰痛の改善には寝具に拘ることも大事な要素です。枕や布団が合っていないという方も、実際には多いのではないでしょうか。

最初に言っておきます。値段が高い(高級品)寝具=体が楽になるということではありません。体形や姿勢は、一人として同じ人はいません。Aさんは良いと思った寝具でも、そのままあなたに合うものではありません。値段も高いものから安いものまで、様々紹介されています。形も様々、固さ・柔らかさも実に様々なものがあります。大事なことは、高ければ良いということではないと言うこと。
まずは、試してみましょう。出来る限り実際の布団や枕などに体を預けて、「これだ!」という自分にとって「楽」を感じる商品を使うべきです。

●クッションを有効利用する

一番楽な寝方をより効果的に安定させるために、クッションを利用することはとても有効なスタイルです。体は、何か大きな「面」に触れることで姿勢をより安定させることが出来ます。横になって楽な姿勢、更にその姿勢を安定的なものとして体を預けることが出来るクッションを利用することは大変有効なものとなるのです。

人生で3度の激痛!腰痛は現在進行形です。

10代の頃に椎間板ヘルニアと診断され、かれこれ20年ほど腰痛と付き合っています。
最初に腰痛が発症したときは、高校の体育の時間でバスケットボールをやっているときでした。パスを受けた瞬間、体に電流が流れたような感じになり、動けなくなりました。体育館は2階にあり、1階の保健室へ行くのにも自力では歩けないほどで、帰りは親に車で迎えに来てもらいました。途中、整形外科に寄ったところ、短いしっぽが生えたようなレントゲン写真を見せられ、「椎間板ヘルニア」と言われました。当時は若かったこともあり、服薬と湿布薬、腰痛体操などをしてなんとか運動できるまでに回復しました。
次に腰痛に悩まされたのが、社会人になってからでした。デスクワークだったせいか、長時間座ったままの姿勢から立ち上がったときに背筋をピンと伸ばすまでに時間がかかりました。ずっと立っていると今度はすぐに座れず、ゆっくりと着席していました。このときはまだ痛いというよりは重いという感じでした。毎日、通勤ラッシュの電車に乗っており、予期せず人に押されたり、カーブで踏ん張っていたりしたのも腰に負担をかけていたのかもしれません。陽が経つごとに徐々に動きが鈍くなり、ついには寝返りを打つことさえできなくなってしまいました。
整形外科を受診すると、椎間板ヘルニア自体が痛みを生じているというより、それをかばって他のところが痛くなっているとのことでした。また、坐骨神経も発症しており、手足がしびれた状態でもありました。このときは服薬とブロック注射、遠赤外線を当てるなどのリハビリをしていました。しかし、治療をしても仕事をすればまた痛むの繰り返しでした。結局、身体的な理由もあり仕事を辞めたのですが、そこからリハビリを重ねて徐々に腰痛は治まってきました。その後は腰痛体操などをして、痛みがあるときは服薬をする生活が続きました。
3度目に腰痛に悩まされたのは、妊娠したときでした。妊娠中期ぐらいからお腹が目立ち始め、後期ともなると背中を反らせて歩くような状態で、だいぶ腰に負担がかかっていました。出産時には分娩の痛みよりも腰痛が増してしまい、一時中断したほどです。しかし、母乳育児をしていたこともあり、産後もしばらくは薬を使った治療はしませんでした。骨盤ケアのためにカイロプラクティックに通ったところ、体全体の歪みも整えてもらい、以前より体の調子が良くなりました。子育てをしているので抱っこなど腰への負担は大きいのですが、少しでも痛くなったら整体院などで治療をしてもらうようにしています。

妊娠出産で腰痛が持病化した人にもモットンがおすすめ

2回の妊娠出産を経験している30代専業主婦です。

妊娠前は全く腰痛に悩まされることはなかったのですが、1人目妊娠時から若干腰痛が酷くなっていました。
しかし、一人目出産後にしっかりと骨盤ケアを行い、整体に通ったところ、数ヶ月で腰痛は気にならなくなり、生活に支障が出ることは全くありませんでした。
赤ちゃんの抱っこで腰痛を悪化させる人が多い中、腰痛が治ったのはラッキーだったと思います。

しかし2人目妊娠。

妊娠時は特段腰痛にはなりませんでした。
前回の経験を活かし、初期の頃から骨盤ベルトで調整し続けていたお陰だと思います。
出産まで腰痛に悩まされることはなく、いざ出産。

産後すぐは特に腰が痛いといった症状はありませんでした。
痛みがなかったため、ケアを怠ってしまいました。

その結果、退院して1週間ほどしたある朝、なんとなく腰がダル重く感じたのです。
授乳姿勢が悪くて腰に負担がかかったせいかな。
まぁ、すぐにマシになるだろう!と特に気にはしていませんでした。

しかし、そのダル重さがどんどん悪化していき、夕方には立ち上がる時に何かを持たないと立てない状態になってしまったのです。

座っていても痛みが和らぐことはなく、ずっと痛いままでした。
痛くても赤ちゃんは待ったなしで泣くため、本当にお世話するのが辛かったです。
ぎっくり腰が持病な母に症状がぎっくり腰にそっくりだと言われました。

座すのも、立つのも、横になるのも痛く、どうしたらいいのか途方にくれました。

結局一晩寝たらだいぶマシになったため、病院へ行くことはありませんでした。
ただの疲れからの腰痛だったのでしょうか。

しかし、その痛みを忘れた頃また腰痛がやってきたのです。

次は1か月後でした。
また朝から腰がダル重くなり、痛みがどんどん増してきました。
前回の経験があったためどれくらい痛くなるのかは分かっていたので、少し落ち着いていられました。
しかし痛いものは痛いです。

特に今回は里帰り中ではなかったため、赤ちゃんのお世話は自分一人で行わなければいけません。
授乳も、おむつ替えも、お風呂も本当に大変でした。

それも、前回とは違い翌日によくなるということはありませんでした。

幸い翌日が休日だったため、赤ちゃんを主人に任せ整体へ行きました。
整体で調整してもらいだいぶマシにはなりましたが、完全に痛みが消えるまで1週間以上かかり大変でした。

その後整体に定期的に通ってはいるのですが、どうも腰痛になるのが癖になってしまったようで、月に1度は同じような状態になってしまいます。
産後のケアを怠ったせいかもしれませんので、出産後の方は腰痛が持病にならないようしっかりとケアしてください。

子育ては腰痛との戦いでもある!!だからモットンを

私は去年出産し、現在子育てをしている25歳女性です。

日々大きく成長していく我が子を毎日抱っこしていくことで、腰痛持ちになりました。
新生児の頃は横抱っこなので、手首を痛めていましたが、縦抱っこが主な抱っこになってからは、ジワジワと腰が痛くなり、抱きかかえる時が1番ウッときます。

整骨院に行って、腰痛の改善を試みたこともありましたが、毎日の抱っこにその改善は追いつかず、抱っこの回数が減るまでは何度通っても無理かもしれないと感じ、通うのを1ヶ月ほどでやめました。

それからは自宅で自分でなにかできる腰のストレッチはないかとネットで調べて実践しています。
腰痛になってから、姿勢が猫背にもなってきたので、主にポールを使ったストレッチを実践中です。

ぐーーっと背骨が伸びていくのが気持ちよくて、ストレッチをしたあとは身体がスッキリしています。

でも、子供が起きているときは出来ないので、寝ている間に静かに行なっています。

先日は子供の健診があったので病院に行きましたが、病院嫌いのせいで入ってから大泣きして抱っこしていても大きく暴れて、私の腰は悲鳴をあげていました。

身体の小さな子供でも全身で暴れれば相当な力があります。その日は帰ってからもぐずったり甘えん坊で抱っこをいつもよりも求めてきたのでずっと抱っこをしていました。

そんな毎日悲鳴をあげている私の腰ですが、
お風呂に浸かったときは、全身がポカポカと温まるのですーっと腰痛も和らぎます。1日のご褒美だぁと実感するお風呂は産後の私の心強い味方です。

マッサージや整体に行かなくても、湯船につかりながら、腰をぐっと指で押すと気持ちよくて効いてる感じがします。自己満足ですが、、、。

あと、腰痛持ちだからこそ毎日のストレッチはかかせません。先ほどポールを使ったストレッチをしていると言いましたが、ストレッチを始める前と後とでは痛みが全然違います。
身体が柔らかいことは良いことずくめです。

長座体前屈をしたり、左右に腰をひねったりすることも効果ありです。

あまりにも痛いときには、妊娠中に買った骨盤サポーターを付けて強めに固定しています。
背筋もピンと伸びて姿勢が楽になるのを感じます。
座骨神経痛になったときにも重宝したので、腰痛持ちの人にはとてもオススメです。

毎日抱っこ抱っこの日ですが、子育てを楽しみながら腰痛改善に向けて、今日も頑張ろうと思います。

自分の身体をしっかり休めてあげることも大事ですね。