日常動作に気を配り、山本昌さんのマットレスとコルセットの併用で腰痛対策

腰痛で辛いときがありますが、うまく付き合っています

腰痛で辛いときがありますが、うまく付き合っています。高校生の時に部活中にぎっくり腰になりました。当然しばらくは安静にしていたのですが、しっかり診てもらおうと思い整形外科に行きレントゲンを取ってもらいました。すると腰を支える骨が一つ少ないと言われたのです。普通の人は背骨から腰に添って小さい骨が10個ほどあるそうですが、私の場合は9個しかないと言われました。

珍しいことではなく、10人に1人くらいの割合でいるそうです。そしてそういう人はやはり腰を支える力が弱く腰痛になりやすいそうです。理由が分かったことで少しはスッキリしましたが、とにかくそれで腰痛が治るわけではありません。まず、その整形外科で専用のコルセットを作ってもらいました。

腰痛との上手い付き合い方とマットレスでの治療方法

腰痛がひどい時はコルセットをするように言われましたが、このコルセットがすごく効果的で腰痛で辛いときにはとても楽になります。腰全体を誰かに支えてもらっているような感覚です。しかしコルセットばかりやっていては腰回りの筋肉がつかないので筋トレをやるようにすすめられました。大事なポイントは、「腹筋」と「背筋」をバランス良くやることだと言われました。腰痛になる原因の一つとして筋肉のバランスが悪いと起きやすいそうです。腹筋が弱っているとか背筋が弱っているとか、腰回りの筋肉がバランスが悪いとその弱い部分に負荷がかかって痛みを発症するらしいです。

腹筋を100回やったら背筋も100回やる。これをしっかり守りながらあとはストレッチもするように言われました。筋肉の柔軟性も大事だそうです。ストレッチは部活をやっている頃は毎日やっていましたが、社会人になり毎日はやっておらず久々にやったら体が固くなっていてびっくりしました。そして毎日風呂あがりにストレッチをすると気持ち良くなりますし、筋肉の伸びる感じも分かり腰痛で辛くなることが減ってきました。あとはマッサージに行くようになりました。仕事が介護職員なので平日、土日の休みがばらばらなので休みの日に朝から整体に行っています。

それでも腰の痛みが辛い時には山本昌さんのマットレスモットンを使うと腰の痛みがひけました。

山本昌さんも愛用しているとおり、モットンのマットレスで腰痛対策をするのは非常に有効手段だと言えるでしょう。

腰の骨の歪みや背骨の歪みを矯正してくれるのでとても楽になります。整体に行きだしてからは体のメンテナンスも余計に気を使うようになりました。自分の体のことなので自分が一番分かっていないと手遅れになってしまったら仕事でも迷惑をかけますし、申し訳なくなります。そのために普段からそういったストレッチ、筋トレ、整体など欠かさず行ってうまく腰痛と付き合っています。

一ヶ月のうちの半分くらいは腰痛で苦しんでいます。生理痛が重いことと、月経前症候群もあって生理が始まる前から既に腰痛の症状が出ているからです。
それと過去にぎっくり腰をやったことがあって、それ以降、身体の向きを少し変えただけでも腰の辺りから不自然な音のようなものがすることがあります。
それからは、慢性的に痛みも出るようになりました。

ぎっくり腰になったときは、本当に身動きがろくに取れなくなりました。2日寝込んでも、このときは少しも良くならなりませんでした。寝込んだままでいるわけにもいかないので、整形外科に行ってMRIも撮った結果、神経は傷ついていないということで、ロキソニンの湿布と痛み止めの飲み薬とコルセットが出ました。

病院に行ってからは、痛みは3日もすると大分良くなって動けるようになりました。身動きが取れなくなるほどの腰痛を経験したことで、腰痛のときのベッドからの起き上がり方とか、重たい荷物の持つときに工夫するようになりました。

病院で、ベッドからの起きるときの身体の起こし方を教えてもらえたからです。腰への負担が全く違ったので、私は腰痛症状が出たら、なるべく腰に負荷をかけないような起き上がり方をしています。足をつく方向に両膝を向けてから、上半身も同じ方に向いて起き上がるというやり方です。本当に楽に起きられるので、腰痛のときはいつもこの起き方を続けています。腰に負担がかかるような日常動作をするときに、腰が楽になる方を選択することで、症状が進まないような感じもあるからです。

くしゃみをするときも、腕を机について腰に負担がかからないようにしています。荷物運びをするときも、床に置いてある荷物を持つときに、腰も一緒に荷物の位置まで下ろして、荷物と一緒に腰も上げるようになりました。今までは腰が高い位置にある状態で、上半身を下ろして荷物を運んでいたので腰に悪いやり方をしていたからです。

私は、不安なこととかストレスを感じる予定が入っているときも、激しい腰痛になることもあります。心理的に負担になることがあっても、身動きが難しくなるほどの腰痛になることが度々あるので、整形外科に行って以降、コルセットと市販のロキソニンを常備するようになりました。

コルセットは病院で一つ購入しましたが、腰痛になることが多い私は、複数枚あった方が安心なので、他にネットで2枚購入して3枚をローテーションさせています。割と汗かきなので、洗濯をすることもあるからです。

コルセットがあるのとないのとでは大違いで、腰にしっかり巻きつけると、腰が固定されているので痛みがあるときでも楽に動くことができます。腰痛時に苦痛となる起き上がる動きである、しゃがんだり立ったり横にひねったりするという日常のあらゆる動作がスムーズに行きます。

ロキソニンは、鎮痛剤のなかでも強い働きがあるので、私のような重症の腰痛持ちには助かる薬です。胃腸の負担が大きいという側面もあるので、薬剤師のアドバイスのとおり、しっかり食事をした後に服用するようにしています。

今のところ、動作に気を配りながら、ロキソニンとコルセットで腰痛生活を乗り越えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です