草取りやガーデニングは腰痛に注意!

皆さん、こんにちは。
暖かい日・暑い日が続くようになりましたが、いかがお過ごしでしょうか?
春を迎えるとお庭の手入れやガーデニングなど、ベランダや庭に出て手入れをすることが増えますよね。
外出先で見かけた、花がたくさん咲いている庭を見ると、「綺麗~手入れをしっかりしていて立派だな!!」と思う事が多いこの頃です。

さて、そんなガーデニングや庭の手入れですが、ちょっと気を付けたいことがあるんです。
それはズバリ「腰痛」!!
皆さんの中でも、ガーデニングをしていて&草取りをしていて腰を痛めた経験はありませんか?
実は私も数か月前に腰を痛めてしまい、1週間ほど大変な目に遭いました・・。

ある冬の1日です。
その日は天気予報で雪となっていたので、私は庭に置いている鉢植え(プランター)を軒先に移動させようと考えました。
家族は全員学校や仕事で不在のため、1人で10個分ほど運ぶことになり、「さあ、頑張ろう!」と張り切って作業スタート。
小さな鉢植えは難なく運べたのですが、長方形型の鉢植えがちょっと大変・・・。
幅が80センチ位、これが3つあるので、私は(カッコ悪いのですが)「よいしょ」と力を入れて運び出しました。
土を入れた状態の鉢植え(プランター)はとっても重く、少し移動しては降ろし、また少し移動しては降ろしの繰り返し。
大変だったのですが、何とか無事に全て運び終えることができました。

そして翌々日、無事に雪も止んだので、私は再度鉢植えを元の場所に戻すことに。
しかし何だか腰が痛い・・背筋を伸ばせない!!手を上に上げられない!!
とにかく少し体を動かすだけで、腰が「ピキ!」と痛んでしまうのです・・。
「しまった・・先日鉢植えを移動させた時に痛めたんだ・・こんなことで腰が痛くなるなんて、私も若くないのね」とショックを受け、しばらく安静にすることに。
この時は休日で家族も自宅にいたため、家族に鉢植えの移動を手伝ってもらい、何とか作業は終了しました。

それから腰の痛みが収まるまで1週間ほどかかり、「これからは決して無理をしてはいけない」という事を深く反省しました!
普段からなるべく階段上り下りや、歩くようにするなど、足腰を鍛えるよう意識していたのですが、やっぱり腰を大切にしないといけませんね。
ちなみに我が家の夫も、数年前草取りの時に大きな石を運び腰を痛めたことも・・。
この時はほぼぎっくり腰になってしまい、整形外科にて診察、完治まで数週間程度もかかってしまいました・・。
皆さんも、腰痛に気を付けて、楽しくガーデニングをやって下さいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です