妊娠出産で腰痛が持病化した人にもモットンがおすすめ

2回の妊娠出産を経験している30代専業主婦です。

妊娠前は全く腰痛に悩まされることはなかったのですが、1人目妊娠時から若干腰痛が酷くなっていました。
しかし、一人目出産後にしっかりと骨盤ケアを行い、整体に通ったところ、数ヶ月で腰痛は気にならなくなり、生活に支障が出ることは全くありませんでした。
赤ちゃんの抱っこで腰痛を悪化させる人が多い中、腰痛が治ったのはラッキーだったと思います。

しかし2人目妊娠。

妊娠時は特段腰痛にはなりませんでした。
前回の経験を活かし、初期の頃から骨盤ベルトで調整し続けていたお陰だと思います。
出産まで腰痛に悩まされることはなく、いざ出産。

産後すぐは特に腰が痛いといった症状はありませんでした。
痛みがなかったため、ケアを怠ってしまいました。

その結果、退院して1週間ほどしたある朝、なんとなく腰がダル重く感じたのです。
授乳姿勢が悪くて腰に負担がかかったせいかな。
まぁ、すぐにマシになるだろう!と特に気にはしていませんでした。

しかし、そのダル重さがどんどん悪化していき、夕方には立ち上がる時に何かを持たないと立てない状態になってしまったのです。

座っていても痛みが和らぐことはなく、ずっと痛いままでした。
痛くても赤ちゃんは待ったなしで泣くため、本当にお世話するのが辛かったです。
ぎっくり腰が持病な母に症状がぎっくり腰にそっくりだと言われました。

座すのも、立つのも、横になるのも痛く、どうしたらいいのか途方にくれました。

結局一晩寝たらだいぶマシになったため、病院へ行くことはありませんでした。
ただの疲れからの腰痛だったのでしょうか。

しかし、その痛みを忘れた頃また腰痛がやってきたのです。

次は1か月後でした。
また朝から腰がダル重くなり、痛みがどんどん増してきました。
前回の経験があったためどれくらい痛くなるのかは分かっていたので、少し落ち着いていられました。
しかし痛いものは痛いです。

特に今回は里帰り中ではなかったため、赤ちゃんのお世話は自分一人で行わなければいけません。
授乳も、おむつ替えも、お風呂も本当に大変でした。

それも、前回とは違い翌日によくなるということはありませんでした。

幸い翌日が休日だったため、赤ちゃんを主人に任せ整体へ行きました。
整体で調整してもらいだいぶマシにはなりましたが、完全に痛みが消えるまで1週間以上かかり大変でした。

その後整体に定期的に通ってはいるのですが、どうも腰痛になるのが癖になってしまったようで、月に1度は同じような状態になってしまいます。
産後のケアを怠ったせいかもしれませんので、出産後の方は腰痛が持病にならないようしっかりとケアしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です